2016年2月29日月曜日

【イベント開催しました!】 Look Ahead To The Future -未来を見つめる3時間-

こんにちは!

CYJ広報の内藤\\(۶•̀ᴗ•́)۶です!

昨日27日(土)に、渋谷ヒカリエにてイベントを開催しました。

その名も、
Look Ahead To The Future -未来を見つめる3時間-

とってもカッコいいタイトルのこのイベントは、
気候変動×キャリアをテーマに開催されました。

イベントは、日本経済新聞社 人材教育事業局局長の中畑孝雄様の講演
から始まりました。

日本経済新聞社 人材教育事業局局長  中畑 孝雄 様

中畑様は気候変動の脅威について、先日発生した悲惨なバスの事故とリンクさせて
解説しておられました。
気候変動の被害(ダメージ)を考えるとき、洪水・高潮や異常気象などをはじめに考えていましたが、身近な影響として暖冬も大きな脅威であることを考えさせられました。

<簡単に言うと>
暖冬になるとスキー場に雪が降らなくなるため、スキー客のシーズンがずれて、
そのずれに運転手の予定が適合できていない・・・
すると、事故が起きやすくなるという説です。

(参考)
エルニーニョの影響:http://www.sankei.com/life/news/151118/lif1511180023-n1.html

その次には5人のスペシャルゲストをお招きしてのパネル討論を行いました。

以下、ゲストの皆様です。

・日本放送協会(NHK) 仙台放送局 竹下愛実 様
・WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループ 山岸尚之 様
・経済産業省 産業技術環境局 河原圭 様
・株式会社ラッシュジャパン 丸田千果 様
・日本電気株式会社(NEC) 長澤薫 様

(パネル討論の様子)

それぞれのバックグランドから気候変動についてなぜ興味を持ったか?
今の職業についてどう考えていて、どのように今後は取り組んでいきたいか?
お話していただきました。

立場によって考え方がとても違っているため、参加者の方々もゲストのお話に夢中でした!

イベント終了時には全員で記念撮影を行いました!

(記念撮影!)

参加者の方々の中には、「気候変動には興味はなかったけど、今日のイベントには来て本当に良かった!」という意見もあり、私たちとしてもイベントを企画してよかった!と感じています。

CYJはこれからも気候変動に関係した”多種多様なイベント”を計画中ですので、
是非ともご参加いただければと思います!

最後に、今回のイベントは『日経カレッジカフェ』とのコラボで広報をさせていただきました。
以下、CYJの記事を紹介しますので、よろしければ読んでみてください!

気候変動の今(1)

気候変動の今(2)

気候変動の今(3)

2016年1月26日火曜日

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第7回:世界からパリ協定を見てみると!?

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第7回:世界からパリ協定を見てみると!?

こんばんわ!
アドボカシーチームの島崎です。
今夜は世界中の「パリ協定」への反応をまとめてみました!
英語の記事ですが、ぜひチェックしてみてください!



●入口的な記事
・“Short answers to hard questions about climate change”
【コメント】身近で面白い。難しい質問だけど、ちゃんと応えてるのが◯。読者が自分で疑問を投稿できるところもいい。
http://www.nytimes.com/…/science/what-is-climate-change.html
・ ”What climate change looks like”
【コメント】ビジュアル付きの記事
http://www.nytimes.com/…/2015-paris-…/type/change-visualized

●解説的な記事
・ ”To achieve Paris climate goals, U.S. will need new laws”
http://www.nytimes.com/…/to-achieve-paris-climate-goals-us-…

・”Paris Climate accord is a big, big, deal”
http://www.nytimes.com/…/paris-climate-accord-is-a-big-big-…
ぜひチェックしてみてください!
これにて、【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
シリーズは連載終了となります。ご拝読ありがとうございました。

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第6回:日本中が注目!パリ協定に対する反応は!?

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第6回:日本中が注目!パリ協定に対する反応は!?

おはようございます!
アドボカシーチームの岩澤です。
今日は、「パリ協定」に対する日本中からの反応をまとめました。
多くの人々が「パリ協定」に注目しています!
気になる記事を、ぜひチェックしてみてください!

●パリ協定への反応
・NHK、「視点・論点 「COP21とパリ協定」」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/234515.html
・BBC、「COP21、パリ協定を採択 温暖化対策で世界合意」
http://www.bbc.com/japanese/35086174
・毎日新聞、「COP21 米中主導「画期的な合意」 パリ協定「緩さ」には批判も」
http://mainichi.jp/articles/20151214/dde/041/040/039000c

●COP21後の気候変動政策
・autoblog、「カルロス・ゴーン氏、「EV市場における我々のリーダーシップは誇れるが、まだ十分とはいえない」と発言」
http://jp.autoblog.com/…/ghosn-while-i-m-proud-of-our-ev-l…/
・ニッセイ基礎研究所、「COP21「パリ協定」が日本に迫るもの~原発再稼動・増設の是非と再エネ普及に伴う国民負担増~」
http://blogos.com/article/150643/

次回は「世界からパリ協定を見てみると!?」です!

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第5回:途上国への「資金支援」!

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第5回:途上国への「資金支援」!

こんにちは!
アドボカシーチームの針谷です。
今回はパリ協定の解説の一環として、先進国が途上国に行う「資金の支援」について紹介します!



●途上国の排出削減を、先進国が支援する
いわゆる「発展途上国」の中には、技術力や資金の面から自力で排出削減を行うことが困難な国もあります。京都議定書では、いわゆる「先進国」が削減義務を負ったのに対し、中国・インドを含む途上国には削減義務が課されず話題となりました。
しかし、途上国だからといって温暖化対策をしなくてよいわけではありませんし、すでにそんなことも言ってられないほど、温暖化は進んできています。
そこで今回のパリ協定でも、先進国が途上国に対し、温暖化対策資金を提供することが義務となりました。

●支援金額には「法的義務」はない!
そうなると、日本に住む私たちは
「いったいいくら出すことになったの?」というところが気になります。
実はこの具体的な金額については、COP21の中でも最後まで対立が続いたテーマで、パリ協定には明示されませんでした。つまり今回は、各国には「◯◯億円の支援をすべき」といった義務づけはなされなかったことになります。
ただ協定本体とは別の「決定文書」には「2025年に先立って、1000億米ドルを底値とした新たな資金目標を設定する」と記述があり、この金額を目安に再び話し合いを行い、金額を決定していくことになりそうです。
また文書には途上国からの資金援助についても記述があり、今後途上国の中からも支援を行う国が増えていくことが期待されます。

もちろん温暖化対策は日本だけで行うのではなく、途上国を巻き込みながら協力することが必要です。資金を提供するからには、「それが確実に排出削減につながるのか?」という透明性が大切になってきますね。

次回は「日本中・世界中が注目!パリ協定に対する反応は!?」です。

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第4回:排出削減の「5年サイクル」!

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第4回:排出削減の「5年サイクル」!

こんにちは!
アドボカシーチームの津田です。

今回は温室効果ガスの排出削減目標の「5年サイクル」について紹介します!



●各国の排出削減目標の達成は「法的な義務ではない」!
京都議定書では、先進国のみが自国の目標を達成することが「法的な義務」でした!
しかし、目標が達成できなければ国際法違反になり罰則があったため、嫌がったアメリカや途上国は京都議定書に参加しませんでした。
しかし、パリ協定では全ての国が温暖化対策に参加することが重要です。
そこで目標達成を「法的な義務」にする代わりに、「5年サイクル」で自国の目標の作成し、達成できたかを検証されることになりました!

●「5年サイクル」で対策は数十年規模で続く!?
大学で学生は「半年ごと」に授業を受け、定期試験やレポートで「実際に身についているか」を試されます。
パリ協定で全ての国は「5年ごと」に排出削減の目標を提出し、その目標が「実際に達成できたのか」を「検証」されることになります。
このことで、法的義務付けがなくても、各国は検証をクリアするために目標を達成しようと努力するということです!
このサイクルが5年、10年、15年…50年…と続いていくことで、各国は半永久的に排出削減目標を作り、対策を強化することになります!
このことで、「21世紀後半中に世界全体の排出量実質ゼロ」を達成するための土台が出来上がったのです!
日本も今後、このサイクルの中で削減に積極的に取り組んでほしいですね!

次回は「日本中・世界中が注目!パリ協定に対する反応は!?」です。

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第3回:「今世紀後半に、排出量は実質ゼロ!」

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第3回:「今世紀後半に、排出量は実質ゼロ!」
こんにちは、CYJアドボカシーチームの岩澤宏樹です!

この連載は、気温目標、緩和の長期目標、緩和の5年サイクル、資金支援、適応、損失と被害の6項目について解説します。今回は2点目の「緩和の長期目標」についてです。

パリ合意(Paris Agreement)4条1項の要約は以下の通りです。
・できる限り早く排出量のピークを迎える
・今世紀の後半中に排出と吸収・貯留のバランス(排出=吸収・貯留)を達成する。つまり、実質排出量は0になる。

「今世紀後半に人為的な排出と温室効果ガス吸収をバランスさせるために、急速な削減を行う」
(to achieve a balance between anthropogenic emissions by sources and removals by sinks of greenhouse gases in the second half of this century)と書かれています。つまり、将来的に「実質排出0が記載された」 ことを意味します。

COP21終了時の様子(写真右側が、議長国フランスのファビウス議長)

この目標はIPCCで2度目標のために必要とされている科学的根拠のある目標であり、「世界は将来化石燃料を使わない再エネ中心の社会へ移行する!」というメッセージであります。
田村賢太郎氏(IGES)によると、「パリ協定の最大の成果は、化石燃料に依存しない社会(低炭素社会)作りに向けて世界が動き出すことを、長期的シグナルとして社会、特に民間企業に対して発信したこと」としています。
このように、世界全体の今後の流れとして実質排出ゼロが打ち出されたことは、政府・企業・市民社会等の各アクターが低炭素化に向け動いていくことを意味します。世界の方向性を示したのがパリ合意4条1項であるといえるでしょう。

*参考
・IGES「COP21が2020年以降の新たな国際枠組み「パリ協定」を採択:
成果と課題」 

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】 第2回:気温上昇を「2℃/1.5℃未満」で食い止めよ!

【連載:「パリ協定」は世界を変えるの!?】
第2回:気温上昇を「2℃/1.5℃未満」で食い止めよ!
こんにちは!
アドボカシーチームの津田です。
今日はパリ協定の中でも「気温目標」に注目したいと思います!



●2100年には気温が4.8℃も上がる?
みなさん、現在世界の平均気温はどれくらい上昇していると思いますか?
世界気象機関によると、現在世界の平均気温は産業化以前より約「1℃」上昇しています!
たった1℃ですが、すでに途上国では水没や豪雨により深刻な被害が出ています。
IPCC第5次評価報告書は、このままでは世界の平均気温は今世紀末には最高で4.8℃上昇すると予測しています。


深刻な被害を防ぐには気温上昇「2℃」未満に抑えることが必要だと言われています。
しかし、すでに被害を受けている途上国はこれでは不十分だと「1.5℃」未満を主張しました。
「1.5℃」を達成するには、現在の化石燃料主体の社会からの大転換が必要です!
しかし、今回のパリ協定では「2℃目標」「1.5℃目標」が記載されました!
つまり今後、世界の対策は「2℃/1.5℃目標の達成」のために行われます!
これは「起こってからでは遅い、今すぐの大きな対策が必要だ!」という世界へのメッセージです!

第3回は「今世紀後半に、排出量は実質ゼロ!」です。